ススキ (イネ科 ススキ属)別名:オバナ
薄 Miscanthus sinensis

展示館北側の散策路始まり横の実験場や南側広場、水生庭園付近などで見られる多年草です。
日本全土の山野のいたるところに分布しています。

秋の七草の一つで、尾花などと風流に呼ぶこともあります。
お月見には欠かせないアイテムで、日本の風情を醸し出す植物の一つなのです。

山野のいたるところに生え、大きな株を作って群生することが多いです。
でも、よく見るとススキでないこともありますので、注意してみてください。
以前、天下の大新聞の1面に「ススキの群生」と紹介されて「オギ」の写真が出ていたこともあるのですから。

オギに)芒無く毛は長い(基部の毛は小穂の2〜4倍もあります)
と覚えていますが、反対にススキは、長いノギがあって基部の毛は小穂より若干長い程度なのです。
また、オギは株立ちしません。

花は8〜10月。花序から多くの枝を放射状にだします。小穂は5、6mmで2個の小花からなっています。



2004年10月10日 




2004年10月10日  株立ちの様子。(一部刈られており、そこから新しい葉が出ています




2003年9月15日 の様子




2005年11月20日 芒と毛の様子





2005年12月12日 茎の断面 白髄です。




ナンバンギセルはこちら