本文へスキップ

ねいの里は、自然に親しみ、学び、守り育てる施設です。

電話でのお問い合わせはTEL.076-469-5252

〒939-2632 富山県富山市婦中町吉住1-1



富山県ニホンザル保護管理計画

 

1.被害防除
 
 被害防除は基本的に、地域住民自身による自己防衛的対策として取り組む必要がある。一つの手法だけでなく、地域毎に被害の程度・頻
度や出没場所、人に対する反応などに応じて、適切な手法を効率的に組み合わせた対策を講じる。
 当面は、電気柵や簡易防護柵などを講じながら、早期警戒システムと連動した追い払いなどの対策を講じながら最新の技術・情報の収集
や普及を図って行く。

追い払い・上げ

 農地や集落でサルを見たら花火などを使用し追い払う。食べさせない。慣れさせない発信機を装着したサルの群れの位置情報をもとに効率的に追い上げ、パトロール隊とうまく連携した取り組みを行ってるところもあります。

富山県内で設置されている柵

 富山県では地域により、いろいろな柵が設置されています。費用対効果などを考えるとともに維持管理のしやすさなどいろいろ加味した上で、どの柵を設置するのか考える必要がある。

簡易柵(猿落君)

 網が伸び、支柱が途中から曲がる構造になっているので登りにくい。
長所
・持っている農業資材などを利用するなど安価に作ることができる。
・被害防止機能を追加できる。
短所
・人目の届く場所に設置しないと、柵の中に入られる可能性が高くなる。

簡易柵(全天井覆型)

 ビニールハウスを利用したもの。
長所
・持っている農業資材などを利用することができる。
・被害防止機能を追加できる。
短所
・設置するのがたいへん。
・害虫が発生しやすくなる。

電気柵(下ネット、上電気型)

 下部がネットで上部が電気柵。地面とネットとの隙間を防ぐ必要がある。
長所
・被害防除効果は高い。
・下部にネットがある分、漏電防止のための草刈の回数を減らせる。
短所
・通常に設置すると高くなる。農業資材などをうまく利用し、値段を抑える必要がある。

電気柵(ネット電気型)

 ネット式の電気柵。漏電防止の草の管理がまめな必要。
長所
・被害防除効果は高い。
短所
・設置費用が高い。
・漏電防止のための草刈をまめにする必要がある。

電気柵(下ワイヤーメッシュ、上電気型)

 下部がワイヤーメッシュで、上部が電気柵。サルの研究者の赤座先生が考案された安価な電気柵です。
長所
・安価で簡易柵より、高い被害効果が期待できる。
・下部にワイヤーメッシュがある分、漏電防止のための草刈の回数を減らせる。
・ワイヤーメッシュが地面に入っているので、下からのもぐりこみを防げる。
・被害防止機能を追加できる。
県内で実証試験を実施。

 

ねいの里

〒939-2632
富山県富山市婦中町吉住1-1
TEL.076-469-5252
FAX.076-469-5865