本文へスキップ

ねいの里は、自然に親しみ、学び、守り育てる施設です。

電話でのお問い合わせはTEL.076-469-5252

〒939-2632 富山県富山市婦中町吉住1-1

   
       ー鳥獣保護センターからのお願いー

開館時間:9:00〜17:00
所在地 :ねいの里展示館横
電話  :076-469-5555



鳥獣保護センターは交通事故や農薬などが原因でケガや病気になった野生鳥獣の救護をする施設です。
センターには救護室や8つの野化訓練室などがあり、観察窓から観察することができます。
リハビリテーションによって元気になった野生鳥獣たちは、再び自然に帰しています。


なお、次の動物は対象にしていません。
飼養動物・・・ニワトリやレースバト、ペット等人間の手で飼われていた動物
外来生物・・・ハクビシン、アライグマ、ドバト

ヒナは拾わないで

 ヒナは持ち帰らない
 春から初夏にかけて多くの鳥たちは繁殖期をむかえます。
 まだあどけないヒナ鳥をみつけてしまう機会が増えますが、
 まずは「巣から落ちたヒナは巣に戻す。」また「巣立ちしたばかりのヒナは
 近くの木や茂みに置いておく。」といった事をお願いしています。
 巣立ちしたばかりのヒナは上手に飛ぶことができないため、地面にいることが
 あります。しかし、必ず近くに親鳥がいて餌を与えに来ます。

    

 親鳥の世話が一番     

 野鳥はペットではありません。
 人間が育てても、親鳥のように自然界で生き抜く術を教えるのは至難の技です。
 人間に飼育されたヒナが自然の中で生きていくのは困難です。

       いろいろなケースが考えられますので、まずはお気軽に鳥獣保護センターにご連絡ください。

 

ねいの里

〒939-2632
富山県富山市婦中町吉住1-1
TEL.076-469-5252
FAX.076-469-5865