種子植物
(あ行)
○アイイロニワゼキショウ(ルリニワゼキショウ
アオカモジグサ
○アオキ(ヒメアオキ
アオスゲ
アオツヅラフジ
アオハダ
アオミズ
アカイタヤ
アカシデ
アカバナ
アカマツ
アカメガシワ
アキギリ
アキニレ
アキノウナギツカミ
アキノエノコログサ
アキノキリンソウ
アキノノゲシ(ホソバアキノノゲシを含む)
アキメヒシバ
アクシバ
アケビ
アサザ(植栽)
アサツキ
○アシ(ヨシ
アシボソ
アズキナシ
アゼガヤツリ
○アゼスゲ
アブラガヤ
アベマキ
アメリカアゼナ
アメリカセンダングサ
アメリカタカサブロウ
アヤメ
アリノトウグサ
イグサ
イイギリ
イシミカワ(消失)
イソノキ
イタドリ
イチヤクソウ
○イトアオスゲ
イトイヌノヒゲ
イヌエンジュ
イヌガラシ
イヌコウジュ
イヌザンショウ
イヌシデ
イヌタデ
イヌタヌキモ(一部は植栽)
イヌツゲ
イヌヌマトラノオ
イヌビエ
イヌホオズキ
イヌホタルイ
イノコヅチ(ヒカゲイノコヅチ)
イボクサ
イボタノキ
イワガラミ
○イワニガナ(ジシバリ
ウキクサ
ウシクグ
ウシハコベ
ウツギ
ウツボグサ
ウバユリ(植栽)
ウマノスズクサ(植栽・わずかに有)
ウメモドキ(一部植栽)
ウラジロノキ
ウリカエデ
ウリクサ
ウリハダカエデ
ウワミズザクラ
エゴノキ
エゴマ
○エゾカワラナデシコ(カワラナデシコ
エゾタチカタバミ
エゾタンポポ
エゾノギシギシ
エノキ
エノキグサ
○オオアキギリ(アキギリ
オオアレチノギク
オオイヌタデ
オオイヌノフグリ
○オオウバユリ(ウバユリ
オオウラジロノキ
オオキツネヤナギ
オオジシバリ
オオスズメノカタビラ
オオタチツボスミレ
オオチドメ
○オオデマリ
オオニガナ(植栽)
オオニシキソウ
オオバギボウシ
○オオバクロモジ(クロモジ
オオバコ
オオバタネツケバナ
オオバノトンボソウ
○オオミスミソウ⇒ミスミソウ(雪割草)栽培品の植栽
オカトラノオ
オギ
オクノカンスゲ
オクモミジハグマ
オグルマ(植栽・消失)
オケラ(消失)
オトギリソウ
オトコエシ
オニタビラコ
オニドコロ
オニノゲシ
オヒルムシロ
オミナエシ(植栽)
オモダカ
オモト(植栽)
オヤブジラミ
オヤマボクチ
オランダミミナグサ

(か行)
ガガブタ(植栽)
カキツバタ(植栽)
カキドオシ
カキノキ
カスマグサ
カスミザクラ
カゼクサ
カタクリ
カタバミ
カツラ
カナリークサヨシ
カニツリグサ
ガマ
ガマズミ
カマツカ
カモガヤ
カモジグサ
カヤツリグサ
カラスウリ
カラスザンショウ
カラスノエンドウ
カラタチバナ
カラムシ
カリヤス
カワラケツメイ
カワラスガナ
カワラナデシコ(植栽)
カンガレイ
キキョウ(一部植栽か?)
キクザキイチゲ(植栽)
キタコブシ
キッコウハグマ
キヅタ
キツネノボタン
キツネノマゴ
キハダ
キブシ
キュウリグサ
キランソウ
キリ
キンエノコロ
キンキマメザクラ
キンミズヒキ
キンラン
ギンラン
クサイ
クサギ
クサスゲ
クサヨシ
クズ
クヌギ
クマイチゴ
クマシデ
クマノミズキ
クマヤナギ
クリ
クルマバハグマ
クログワイ
クロモ(3倍体)(自生?移植時についてきたか?)
クロモジ
○クワ(マグワ)
ケイヌビエ
ケキツネノボタン
ケケンポナシ
ケナシヤブデマリ(ヤブデマリ)
ゲンゲ
ゲンノショウコ
コアジサイ
コアゼガヤツリ
コウガイゼキショウ
コウキクサ
コウゾ
ゴウソ
コウゾリナ
○コウホネ→サイコクヒメコウホネへ(植栽)
コウライテンナンショウ
コオニタビラコ(採取品の逸出・消失)
コカナダモ
コケオトギリ
コゴメガヤツリ
コシアブラ
コシノコバイモ(植栽)
コスミレ
コタチツボスミレ
コツブキンエノコロ
コナギ
コナスビ
コナラ
コニシキソウ
コハウチワカエデ
コバギボウシ
コハコベ
コバノガマズミ
コバンソウ
コブナグサ
コマツカサススキ
コマツナギ
コマユミ
コマユミ(常緑型)
コムラサキ(植栽)
コメガヤ
コメツブツメクサ
コメナモミ
コモチマンネングサ
ゴンズイ

(さ行)
サイコクヒメコウホネ(植栽)
ザイフリボク
サカキ(植栽)
サクラ雑種 3種類
ササガヤ
ササユリ(多くは植栽)
サザンカ(植栽)
サジガンクビソウ
ザゼンソウ(植栽)
サヤヌカグサ
サルトリイバラ
サルナシ
サワオトギリ(消失?)
サワハコベ(消失?)
○サワヒヨドリ(自生?)
サワフジバカマ(植栽 消失?)
○サワフタギ
サンカクイ
サンカクヅル
サンショウ
シカクイ
ジシバリ(イワニガナ)
シナダレスズメガヤ
シナノタイゲキ
シナミザクラ(植栽・消失)
シバ
シャガ
ジャケツイバラ
ジュウニヒトエ
ジュズスゲ
シュロ(植栽)
ジュンサイ(他のものと共に植栽・消失)
シュンラン
ショウジョウバカマ
ショウブ
シラカシ(植栽・逸出)
シラヤマギク
シロツメクサ
シロバナカモメヅル
シロバナタンポポ
シロバナニガナ
スイカズラ
スイバ
スギ
ススキ
スズメウリ
スズメノエンドウ
スズメノカタビラ
スズメノテッポウ
スズメノヒエ
スズメノヤリ
スブタ(植栽・消失?)
スミレ
セイタカアワダチソウ
○セイヨウタンポポ(タンポポ
セリ
センダン
センブリ
センボンヤリ
ソヨゴ

(た行)
ダイオウグミ(植栽)
タイヌビエ
タガネソウ
タカノツメ
テキリスゲ
タコノアシ(植栽・消失)
タチイヌノフグリ
タチシオデ
タチツボスミレ
タチドコロ
タニウツギ
タネツケバナ
タムラソウ
タラノキ
ダンコウバイ(植栽)
ダンドボロギク
タンナサワフタギ
タンポポ(セイヨウタンポポ)
チガヤ
チカラシバ
チゴザサ
チゴユリ
チダケサシ
チチコグサ
チヂミザサ
チマキザサ
チョウジタデ(又はウスゲチョウジタデ。要確認)
○ツクバネ
ツクバネウツギ
ツタ
ツノハシバミ
ツボスミレ
ツメクサ
ツユクサ
ツリガネニンジン
ツリフネソウ
ツルアリドオシ
ツルウメモドキ
ツルシキミ
ツルニチニチソウ
ツルリンドウ
ツルボ
ツワブキ(植栽)
○トウグミ
トウゴクミツバツツジ(植栽と思われる)
トウバナ
トウネズミモチ(逸出)
トキワイカリソウ
トキワハゼ
ドクダミ
トダシバ
トボシガラ
トリアシショウマ
トリガタハンショウヅル
○トロロアオイ(花アオイ 植栽(遺棄か?)

(な行)
ナガハシスミレ
ナズナ
ナツハゼ
ナツメ(植栽)
○ナデシコ(植栽)(カワラナデシコ
ナルコビエ
ナワシロイチゴ
ナンテン(植栽)
ナンバンギセル
ニガナ
ニシキギ
ニシノホンモンジスゲ
ニシミゾソバ
ニッポンイヌノヒゲ
ニリンソウ(植栽)
ニワトコ
ヌカキビ
ヌカボ
○ヌスビトハギ(別に変種ヤブハギ
ヌマスギ(植栽)
○ヌマトラノオ
ヌルデ
ネコハギ
ネジキ
ネジバナ
ネズミサシ
ネズミモチ(植栽)
ネムノキ
ノアザミ
ノイバラ
ノガリヤス
ノギラン
ノゲシ
ノコンギク
ノササゲ
ノダケ
ノチドメ
ノハナショウブ(植栽)
ノビル
ノブドウ
ノミノフスマ
ノリウツギ

(は行)
○ハイイヌツゲ(イヌツゲ
ハイヌメリグサ
ハキダメギク
○バケヌカボ
○ハコベ(ミドリハコベ コハコベ
ハシカグサ
ハス(大賀蓮)(植栽)
ハゼノキ(植栽)
ハナイカダ
ハナタデ
ハナニガナ
ハナヒリノキ
ハハコグサ
ハリイ
ハリガネスゲ
ハリコウガイゼキショウ
ハルガヤ
ハルジオン
ハンノキ
ヒイラギ(植栽)
ヒイラギナンテン(逸出)
ヒオウギ(植栽・消失)
○ヒカゲイノコヅチ(イノコヅチ
ヒガンバナ(植栽)
ヒサカキ
ヒツジグサ(植栽・消失)
ヒデリコ
ヒナタイノコヅチ
ヒメアオキ(アオキ)
ヒメアシボソ
ヒメオドリコソウ
ヒメガマ
ヒメカンアオイ
ヒメカンスゲ
ヒメキンミズヒキ
ヒメクグ
○ヒメコウホネ→サイコクヒメコウホネ(植栽)
ヒメジソ
ヒメジョオン
ヒメシロネ
ヒメスイバ
ヒメスミレ
○ヒメチドメ
ヒメハギ
○ヒメヒオウギズイセン(栽培種 植栽)
ヒメヒラテンツキ
ヒメミカンソウ
ヒメヤシャブシ
ヒヨドリジョウゴ
ヒヨドリバナ(サケバヒヨドリを含む)
ヒルガオ
ヒロハノウシノケグサ
ヒンジガヤツリ
フキ
フジ(ノダフジ)
ブタナ
フトイ
フユイチゴ
ブナ
ヘクソカズラ
ベニバナボロギク
ヘビイチゴ
ヘラオモダカ
ホオノキ
ホシクサ(植栽・消失)
ホソアオゲイトウ
ホソバノヨツバムグラ
ホソバミズヒキモ
ホタルイ
ボタンヅル
ホツツジ

(ま行)
マキノスミレ
○マグワ(クワ)
マツバイ
マツブサ
ママコナ
マメガキ
マユミ(植栽)
マルバアオダモ
マルバマンサク
ミクリ(植栽)
ミズ
ミズアオイ(植栽)
ミズオオバコ(植栽)
ミズキ(一部植栽)
ミズトラノオ(植栽)
ミズナラ(植栽、一部逸出)
ミズハコベ
ミズバショウ
ミスミソウ(雪割草)(栽培品種)
ミゾカクシ
ミゾソバ
ミソハギ
ミゾハコベ
ミチタネツケバナ
ミツバ
ミツバアケビ
ミツバツチグリ
ミドリハコベ
ミヤコアザミ
ミヤコイバラ
ミヤマアブラススキ
ミヤマウズラ
ミヤマウメモドキ
ミヤマガマズミ
ミヤマカワラハンノキ
ミヤマナルコユリ
ミョウガ
ムラサキケマン
ムラサキサギゴケ
ムラサキシキブ
メギ
メドハギ
メヒシバ
メリケンカルカヤ(メリケンカルガヤ)
モウセンゴケ
モチノキ(植栽・消失?)
モミジイチゴ

(や行)
ヤエムグラ
ヤクシソウ
ヤツデ(植栽・逸出)
ヤナギスブタ(植栽・消失?)
ヤノネグサ
ヤハズソウ
ヤブカラシ
ヤブカンゾウ
ヤブコウジ
ヤブツルアズキ
○ヤブデマリ(ケナシヤブデマリ
ヤブハギ(ヌスビトハギ変種)
ヤブマメ
ヤマアジサイ
ヤマイ
ヤマウルシ
ヤマグワ
ヤマツツジ
ヤマトミクリ(植栽・消失)
ヤマナラシ
ヤマノイモ
ヤマハギ
○ヤマハゼ
ヤマボウシ
ヤマモミジ
ユキグニミツバツツジ
ユキバタツバキ
○雪割草⇒ミスミソウ(雪割草)(栽培品 植栽)
ユズリハ
ヨウシュヤマゴボウ
ヨシ(アシ)
ヨモギ

(ら行)
リョウブ
リンゴツバキ(植栽)
リンドウ
ルリニワゼキショウ


シダ植物
アイアスカイノデ
○アイヒメワラビ
イヌガンソク
イヌシダ
イヌワラビ
○イノデ
イワヒメワラビ
イワヘゴ
ウラジロ
オオベニシダ
オクマワラビ
キジノオシダ
クサソテツ
クラマゴケ
ゲジゲジシダ
コウヤワラビ
コバノイシカグマ
サカゲイノデ
○サトメシダ
サンショウモ(植栽)
シケシダ
シシガシラ
ジュウモンジシダ
スギナ
ゼンマイ
テリハヤブソテツ
トウゲシバ
ノキシノブ
ハリガネワラビ
ヒメシダ
ヒメワラビ
フユノハナワラビ
ベニシダ
フモトシダ
○ホクリクイノデ
ホソバナライシダ
ミゾシダ
ミドリヒメワラビ
○ヤブソテツ(別にテリハヤブソテツ
ヤマイタチシダ
ヤマイヌワラビ
ヤワラシダ
リョウメンシダ
ワラビ


参考文献(個々のページでは記載しませんでしたのでご了承ください)
・維管束植物分類表 米倉・邑田2013(北隆館)
An update of the Angiosperm Phylogeny Group
classification for the orders and families of flowering
plants: APG W,Botanical Journal of the Linnean Society 181 (1).2016
・樹木の葉 林将之2014 (山と渓谷社)
・葉で見わける樹木
増補改訂版 林将之2010 (小学館)
・日本の野生植物T〜X、シダ、帰化植物(平凡社)
・改訂新版日本の野生植物1〜4(平凡社)
・日本産シダ植物標準図鑑T 海老原淳2016 (学研)
・しだの図鑑 光田重幸1986 (保育社)
・写真で分かるシダ図鑑 池畑怜伸2006 (トンボ出版)

・山渓ハンディ図鑑1〜6、8(野に咲く花、山に咲く花、樹に咲く花(@〜B)、日本のスミレ、高山に咲く花)(山と渓谷社)
・増補日本イネ科植物図譜 長田武正1993 (平凡社)
・日本のスゲ 勝山輝夫2005 (文一総合出版)
・改訂版原色牧野植物大図鑑(北隆館)
・富山県植物誌 大田弘他1983(廣文堂)
・長野県植物誌(信濃毎日新聞社)1998
・神奈川県植物誌(神奈川県立生命の星・地球博物館)2001
・富山県の絶滅のおそれのある野生生物(富山県自然保護課)2012
・絶滅のおそれのある野生生物(植物T)(環境省野生生物課)2014
・植物の世界(朝日新聞社)
・米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList),http://ylist.info( 2017年1月5日).
・このきなんのき(http://www.ne.jp/asahi/blue/woods/)
・石川の植物(http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/)
・河骨の話(http://www.mus-nh.city.osaka.jp/shiga/Nuphar1/0.htm)

ねいの里:植物一覧 (和名五十音順)  
これまで、ねいの里で見た植物を五十音順にご紹介してます。
科はAPGW体系です(APGとは Wikipediaをご参照ください)

現在、
558種類(種子植物514種類、シダ植物44種類)をかかげてあります
(見当らなくなったものも再度現れた場合の参考のために「消失」と記載するようにしています。)

富山県植物誌(1983年)では、富山県内に2,445種類の維管束植物があるとされています。現在は分類の見直しや外来種の増加によりもっと多くなっていると思われます。
富山県の総面積が約4,247平方キロメートルに対し、このねいの里は約0.14平方キロメートル(14ha)余ですので、県全体の約0.0033%の広さです。
県全体に比べれば小さい小さいこの区域に、県全体の20%以上の植物があるという計算になります。ちょっと驚きだと思うのですが、皆さんはどう思われますか?

参考文献はこのページの末尾に記載し、各ページでは省略しました。

種子植物 種名50音順

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行
2017年12月14日現在

シダ植物 種名50音順