ユキバタツバキ(ツバキ科ツバキ属)

斜面や谷付近の散策路などで見られる常緑低木です。葉は互生です。
ユキツバキとヤブツバキの両方が見られる地方(東北〜北陸の日本海側)の里山に分布しています。
ただ、ヤブツバキを母種とすれば、ユキツバキはその変種です。ユキバタツバキはさらにこの中間種ですので、あまり細かく分類しなくともいいのではとの考えもあるようです。私もあまり1つの種を細分化するのは好きではありませんが、富山の中山間地にある一つの特徴のある木ですので、ここではあえてユキバタツバキとします。

温暖な地域で高木までに生長するヤブツバキ、多雪地帯に適応して雪の下になっても大丈夫なユキツバキ、その中間種がユキバタツバキです。
背の高さや葉の質などからも中間種だなあと思わせます。
花も中間的です。ヤブツバキはおしべの根元が白く一つになっています。ユキツバキは白いところはほとんどありません。これはやはり中間です。
ただ、ユキツバキのように地表に接した枝が発根するのかは私は知りませんが、十分あり得るのではないかと思っています。
ゆっくり調べてみたいと思います。


2003年12月13日 


2004年4月3日 花じいの指まで写っています。。。
ヤブツバキに比べるとずい分下の方まで切れ込んでいますが、落ちるときはやはりポトリ
です。