ツルニチニチソウ(キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属)

ナチュラリスト駐車場で見られる常緑のつる性多年草です。
ヨーロッパ原産で、栽培されることが多く、逸出していることが多々あります。

葉は丸く対生し、青々としています。この青の中にアオダイショウがいたことがあり、花を手にとって見ようとして、ドキッとしたことがあります。
館長先生は、ヘビを恐がってはいけないとおっしゃられますが、一瞬は手が縮みます・・・よね。。

花は5月〜7月。一つの花は短いのですが、次々と咲いてくれます。
花の感じはキョウチクトウ科らしく、ちょっとスクリューのようにねじれています。


2004年5月22日 花と葉の様子