ツルアリドオシ(アカネ科ツルアリドオシ属)


散策路のいたるところで見られる常緑の多年草です。
6月、7月にこうして白い小さな花が咲きます。花冠は普通4つに分かれるが、こうして3裂するものや5裂するものもあります。
植物もいろいろ面白いものです。

もう一つ面白いのは、花の基部にある子房は2個が合着しているので、実には2つの花のあとがあります。

お正月の縁起物として、アリドオシを一両、ヤブコウジを十両、カラタチバナをヒャクリョウ、センリョウ、マンリョウがありますが、
富山県にはアリドオシがないので、このツルアリドオシを一両と呼ぶことが多いです。


2003年6月8日

2003年12月13日 赤い実に2つの「ヘソ」(花の痕)があるのが見えますか。一両ですか。なるほどねえ。。。