トウゴクミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)

展示館北側の庭で見られる落葉低木です。葉は互生します。
本州(宮城県、山形県以南〜近畿地方東部の太平洋側)に分布しています。

富山県植物誌(1985年)によると極めてまれで、朝日町にあるとされています。
このねいの里のものは、私の見る限りではこの個体1つだけであり、植栽の可能性が強いと思います。

花は4〜6月。葉の展開前又は展開と同時に紅紫色の花を咲かせます。

ユキグニミツバツツジとはどこが違うのかと言いますと、
1 花柱に腺のような毛があること。
2 葉柄にも毛が密生していること。
の2点で異なっていることが分かります。


2005年5月1日  花の様子  花だけ眺めていると普通のユキグニミツバツツジかなと思ってしまいます。 





2005年5月3日  花柱には腺のような毛が生えています。



2005年5月3日  葉柄にも毛が密生しています。