トウバナ(シソ科トウバナ属)


水生庭園付近の日当たりの良い草地にみられる、高さ15〜30cmの多年草です。葉は対生します。
本州、四国、九州、沖縄の湿り気のある道端や田のあぜなどに分布sています。

花は5月〜8月。
花穂は花が輪のようについたものが段々になっており、まるで「塔」のようです。それで「塔花」となったようです。
一つ一つの花は、5、6mmで淡い紅色です。



2003年5月24日