タチドコロ (ユリ科 ヤマノイモ属)
立野老 Dioscorea gracillima

散策路の横によくみられる雌雄異株のツル性多年草です。葉は互生しています。
本州、四国、九州の丘陵や山地に分布しています。

ヤマノイモに似ていますが、こちらは根茎は肥大化するものの根が多肉化しません。
はじめのうちは立っているので「立ちトコロ」です。
トコロは野老と書くのだそうです。根茎にひげのような根が付いていることから老人に例えたのだそうです。

花は5〜7月。雄花序は立ち上がり葉とからむような感じです。雌花序の方は垂れ下がります。
どちらも黄色い小さな花をたくさんつけます。





2004年4月25日 まだ立ち上がっています。雄花序のような気がします。



2004年5月8日 雄花序の様子。雄花は無柄です。



2006年10月14日  右がタチドコロの種子、左はヤマノイモの種子