タンナサワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)


尾根の散策路でしばしば見られる落葉高木です。葉は互生します。
本州の関東地方以西、四国、九州、済州島の丘陵〜山地の林縁や林内に分布しています。

花は5月〜6月。円錐花序を出して、白い花を密に咲かせます。
このハイノキ科の花は、雄しべが良く目立つことが特徴ですね。
フトモモ科とともに雄しべの存在感がたっぷりとある科です。

果は秋に黒熟します。サワフタギはルリ色に熟しますので、これを探しているのですが、それらしきものはまだ見当たりません。

ハイノキ科は酸化アルミニウムを多く含み、その木を燃やした灰を草木染め媒染剤に使ったことから「灰の木」の名があり、地方地方で使う種が違っており、その他の染め方の違いもあって、色が微妙に違っていたようです。

下の写真では、シロシタホタルガが葉を食べています。でも木を枯らしてしまうまでには至らないようです。
ちゃんと自分のえさになる木を絶やさないようになっているように思えてなりません。


2003年5月24日 花の様子 



2003年5月24日 シロシタホタルガの幼虫。シロシタは成虫の下の羽(ちょっと漢字が違うけど)の白い部分が多いのです。



2004年7月3日 シロシタホタルガ成虫



2004年10月16日  かなり古くなった果ですが、黒く熟します。



参考までに新潟で撮った写真ですが、サワフタギとシロシタホタルガをご紹介します。
2004年5月22日