タニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)


林縁や谷などにみられる落葉小高木です。

ご存知、富山の山のどこにでも見られる木で、ダニがついているという人もいますが、
ダニはいろんな木についています。この木に限ったことではありません。
夏の始まりを告げるような時期に、濃いピンクの蕾が開いてきます。綺麗な花ですよね。

秋から春浅き頃に野山を歩くと、この果実が種子を出した後いつまでも残っていて、芽吹き直前にようやく無くなります。
というわけで、いつも見ているような気がする木なのです。


2003年5月X日