サヤヌカグサ (イネ科 サヤヌカグサ属)
鞘糠草 Leersia sayanuka

水生庭園のまわりに生育している、高さ40〜70cmの多年草です。
北海道(南部)、本州、四国、九州の水辺に分布しています。

イネにやや似ていますが、「サヤ」が「ヌカ」のようにあまり実らないので、この名前があります。
穂を見ているとイネに大変近い仲間なんだろうな、と思って見てしまいますしたが、
茎、特に節のトゲのような剛毛は、この属の特徴です。
この仲間で、アシカキ というのがありますが、こちらは、もっとひどく本当に足を切りそうです。

花は、8〜10月。上部に5〜10cmの円錐状の花穂となります。

この植物のタイプ標本は、富山県の旧城端町のものということで、なんとなく
親しみを感じてしまうのです。

2012年10月7日  


節の部分に剛毛がある。