オオウラジロノキ (バラ科 リンゴ属)別名:オオズミ
大裏白の木 Malus tschonoskii

散策路、展示館の南側にまれに分布している落葉高木です。
本州、四国、九州の山地のやや乾いた尾根などに分布しています。

花は4下旬〜5月、短枝の先に数個ずつ咲きます。
展示館の南庭奥の個体は大きく花が咲いています。
一方、北の園内では木は小さいものが多く、花はまだでした。
しかし、平成17年5月1日に、A69付近で花が咲いているのを発見しました。
昨年も見ていたのですが、花は無いようでしたので、この年に咲いたのでしょうか。

果実は10月に熟し、リンゴ属特有の果実を味わうことができます。

葉は、裏が白く、良く見ると白い綿毛がやや密生しています。
ナナカマド属のウラジロノキに似ているので、この名前になったのです。

ポツポツとある木で、個体数はあまり多くないのですが、冬になるとその落枝痕のおかげで見つけることが出来ます。
あの「ツノ」は一度見ると忘れられないと思います。


2005年5月1日 花の様子





2005年5月1日 花の拡大





2004年4月24日 葉の裏にはうっすらと白い毛が生えているのですが、写真では目立ちません。


2003年10月4日 実はもう少し立つと赤みを帯びるのですが、これは青いうちに落ちたものです。
(この写真は、ねいの里から猫坂峠へ向かう道で拾ったものを撮影したものです)


2003年2月15日 葉がないころはこの落枝痕から出たツノが良く目立ちます。




2005年12月31日 冬芽の様子