オオタチツボスミレ(スミレ科スミレ属)
(どうもタチツボスミレの変異の範囲内なのかもしれません。。。)


ナチュラリスト駐車場ちかくの道路沿いでみられる多年草です。
北海道から九州まで広く分布しています。

ありゃ、無いと思っていたらありました。。。
タチツボスミレの兄貴分というのがこのオオタチツボスミレです。
オオバタチツボスミレもありますが、そちらは亜高山。オオタチツボスミレは低山で見られます。

タチツボスミレとは非常に近いのですが、オオタチツボスミレの花は地上茎のみにつき、地上茎は大変発達しています。
タチツボスミレは根生、地上茎の両方につくので、区別できます。(根生花がないときもありますけど。。。)
また、オオタチツボスミレの距は白いことも特徴です。

まあ、タチツボスミレより大きいことや、茎葉が丸っこいことでなんとなく分かりますけどね。


2004年4月10日 距は白く、側弁に毛がありません。