オオジシバリ(キク科ニガナ属)


ナチュラリスト駐車場付近や水生庭園付近の日当たりのいいところなどで見られる多年草です。
日本全土に分布しています。

花は4、5月。一面を黄色と緑色で覆い尽くす勢いです。

ジシバリに似ていますが、葉が披針形〜へら形なのこと、頭花も一回り大きいことで区別できます。
タンポポ亜科は白い汁がでてきますが、これもそうです。そしてこれらはちょっと苦いので、ニガナの仲間なんです。
ニガナ属としてはこのねいの里では、他にニガナ、ハナニガナが見られます。見比べてください。

雌しべは他家受粉しないと、くるりと曲がって自家受粉をするので、今度じっくり見てみましょう。


2003年X月X日