オカトラノオ(サクラソウ科オカトラノオ属)

ナチュラリスロ駐車場上の溝や、水生庭園の奥の方でみられる多年草です。
北海道、本州、四国の丘陵の日当たりが良いところに分布しています。

白い花が総状に茎上につくので、虎の尻尾に見立てて、オカ「トラノオ」となったものです。
瑞々しい緑色の葉、そして大きい花序。しかも大柄で大変目立ちます。
たいてい群生するのですが、このねいの里では数は多くはありません。

花は6月〜7月。写真をご覧の通り、下から咲きあがってきます。
総状花序を持つ植物の多くはこんな風な「無限花序」です。


2003年7月13日 

2003年7月13日 花のアップ