オグルマ(キク科オグルマ属) 

展示館北の前庭に植栽されている、高さ60〜80cmの多年草です。
北海道〜九州の日当たりの良い湿地や田んぼのあぜなどに分布しています。

オグルマの仲間で、これはオグルマだと言って植栽されたものだそうです。
葉を触った感じでは質感はオグルマのようで、第一印象は私もオグルマでした。

でも、葉の裏面に浮き出ている脈から悩んだのですが、花が終わったあと、冠毛を調べてみると、4〜5mmしかありませんでした。
カセンソウなら8〜10mmはありますので、やはりオグルマでよさそうです。

元は田んぼの畦にあったものだそうですので、それならオグルマですね。
でも植えた場所はあまり湿っていないので、大丈夫かしらん??

花は8〜9月。茎の上部が分岐して数個の頭花が上向きにつきます。



2006年9月2日 頭花の様子




2006年9月2日  葉の裏面の様子。葉脈が浮き出ています。
でも、触った感じはオグルマです。




2006年9月2日 
触った感じではなく確実なのは総苞片の先がほそくなって尖ること。