ノチドメ(ウコギ科(旧セリ科) チドメグサ属)

水生庭園奥のラクウショウ(ヌマスギ)の付近のかなり湿ったところで見られる、多年草です。
本州、四国、九州の田のあぜ、やや湿った野原などに分布しています。

花は6〜10月。葉より低い花序の先に10数個かたまって咲きます。
葉は直径2〜3cmで、やや深く切れ込み、縁には鈍い鋸歯があります。
葉の裏の刺のような毛は、有るものと無いものが混ざります。


チドメグサの仲間は地味で、分かりにくいので、ここで特徴を書き出しておきましょう。

ヒメチドメ 葉の直径0.4〜1cm(2cm)
深く切れ込む
葉は冬は枯れる
花は2〜4個つく やや湿ったところ
チドメグサ 葉の直径1〜1.5cm
浅く切れ込む
花は10数個かたまってつく 道端などに普通
ノチドメ 葉の直径2〜3cm
やや深裂する
花は10数個かたまってつく やや湿ったところ
オオチドメ 葉の直径1.5〜3cm
浅く切れ込む
花は10数個かたまってつく
花序は葉より高くなる
山野に普通



2004年12月12日 葉の様子




2004年12月12日 大きな葉の直径を測ってみました。3cmちょうどでした。



2004年12月12日 この葉は直径2.2cmです。