ネジキ(ツツジ科ネジキ属)

尾根の散策路や斜面などのやや乾燥した場所で見られる落葉低木〜小高木です。葉は互生します。
東北地方南部以南の本州、四国、九州に分布する、日本固有の植物です。

ずばり、幹がねじれているのでネジキです。分かりやすいですね。

でも花は綺麗なんです。こんなに白くて清楚な花が、5月から6月にかけて下向きにたくさん咲きます。
花が終わると果は上向きになります。種子散布のためなんですね。
ただ、これは有毒ですので鳥に食べてもらうのではなく、風などで飛ばされやすいようにしているのでしょうね。

冬芽と若い枝は赤く、ミズキとよく似ています。


2003年5月31日 白い花は穂状にたくさん下向きに咲いています。 




2004年1月11日 ネジキの幹。ねじれていっているのが分かりますね。




2004年7月11日 若い果実の様子  もうしっかりと上向きになっています。





2004年12月12日 冬芽の様子