マキノスミレ(スミレ科スミレ属)


散策路のあちこちで見られる、高さ5〜8cmの多年草です。
中部地方以北の山地や痩せた丘陵地に分布します。

母種はシハイスミレで、中部地方以北の、「少し小型」で「葉の幅が狭く光沢のない」変種を特にマキノスミレと呼んでいます。
牧野博士は独立種として扱っていましたが、実際には連続的に変異し、中間型もあることから最近では変種とされているのです。

葉は母種と同じく裏が紫色なのが普通ですが、このねいの里では薄いもの紫色のものの両方が見られます。

花は4〜5月。淡紅色から濃紅紫色の1cm内外の花弁の花が咲きます。



2004年4月3日 葉の裏が紫色です。これはかなり小型の個体です。