コスミレ(スミレ科スミレ属)

展示館北側の池の横で見られる、高さ6〜12cm程度の多年草です。
本州、四国、九州の人家近くや山野に分布しています。

コスミレという名はありますが、結構大きくなります。

花は3〜4月。白っぽいものから淡紅紫色まで変化のある花を咲かせます。本州では淡紫色のものが多いようです。
花弁は1〜1.5cm。太めの距が目立ちます。
側弁基部には普通毛はありませんが、この個体はやや毛がありました。
ですので、初めはアカネスミレかなとも思ったのですが、アカネスミレですともっと距は細長いので違うと思います。
側弁の毛は、コスミレには時折毛がある個体もあるとのことですので、許容の範囲内といたしました。



2005年4月23日 花は淡い紫色で距は細めです。





2005年4月23日 葉は卵型で大き目の鋸歯があります。この葉は本当は立っていました。




2005年4月23日 葉の裏は薄い赤紫色を帯びています。




2005年4月23日  側弁の基部にやや毛があるのが見えます。