キハダ(ミカンカ科キハダ属)


本館(資料館)前の広場でみられる落葉高木です。
葉は奇数羽状複葉で対生。
日本では北海道、本州、四国、九州に、朝鮮半島、アムール、中国北部に分布します。

この木は、樹皮(内樹皮)が黄色いことから、黄肌となりました。
これを切ったものを見たときは、なるほど!ま黄色だぁ!と感心したものです。
この黄色の部分に苦味成分のベルベリンを含んでおり、健胃薬などに使われます。
他にも捻挫、打ち身に効くのだそうです。これは知らなかった。。。

秋も深まって、冬芽はどこかと探してみてください。なかなか見当たりません。
それもそのはず。実は葉柄の内側に冬芽が育っているのです。
そうです。この木は、葉柄苞芽(内芽)の木なのです。
ちょっと面白いですよ。
他に葉柄苞芽の木というとどんなのがあるでしょうか。街角、山の中で探してみましょう。


2013年5月3日 芽吹いたところ

2003年12月14日


2003年12月14日 左が葉柄をとったときに出てくる冬芽。(取るつもりは無かったのだけど、ちょっと触ったらとれたのです)


2003年12月14日 葉痕がしっかり冬芽のまわりにありますね。