ジシバリ(キク科ニガナ属)別名:イワニガナ

展示館の裏で見られる多年草です
日本全土に分布しています。

細い地下茎が地面を這って、まるで地面を縛っているようだ、というのでジシバリです。

オオジシバリより若干小さめの花で、葉はヘラ状にならず、丸っぽいのが違いです。
また、オオジシバリがやや湿ったところが好きなのに対し、これは岩の上ででも生きていけるのです。
別名のイワニガナはそんな性質から名づけられたものなのです。

花は4月〜6月。花茎の先に直径2〜2.5cmの頭花を1〜3個つけます。


204年6月6日 花の様子



2004年6月6日 葉の様子。