イボタノキ(モクセイ科イボタノキ属)

展示館への道沿いなどでみられる落葉低木です。葉は対生しています。
北海道〜九州、朝鮮半島、中国の山野の林縁などに分布しています。

樹皮につくイボタロウムシが分泌する白いロウをイボタロウといい、
薬用や艶出しに使われたそうです。

花は5月〜6月。新しい枝の先に2〜4cmの総状花序をだし、
白い小さな花を咲かせます。

もう少し標高の高い所に行くと、ミヤマイボタといって、
葉先がとがった別種になります。