ヒメスイバ(タデ科ギシギシ属)

展示館前の広場や水生庭園で見られる、高さ20〜50cmの雌雄異株の多年草です。
ヨーロッパ原産で明治初期に渡来し、各地の道端などに広がっています。

スイバより小さいのでヒメスイバです。

スイバのように花の後に内花被片が発達して翼のようになることはありません。
また、葉の基部は鉾型で耳のように張り出すので、すぐにヒメスイバだなとわかります。

花は5〜8月。花茎の上部に総状に小さな花を咲かせます。


2005年5月1日  花の様子





2005年5月1日 葉の様子