ヒメシロネ(シソ科シロネ属)

水生庭園西、A55、56付近で見られる多年草です。葉は対生します。
北海道、本州、四国、九州の山野の湿地に分布しています。

普通には「シロネ」と言っていますが、葉が披針形であることと鋸歯のぐあいからヒメシロネです。
富山でも丘陵地の湿地でときおり見かけます。
根が白いのが名前の由来です。

花は8月〜9月。葉腋に白い小さな花を密に咲かせます。
コシロネの仲間とは、葉の鋸歯の鋭さ、唇形の花冠が違っていますから分かります。

2004年9月11日



2004年9月11日




2004年9月11日




2005年7月10日 根の様子 白いので白根です。