ヒイラギナンテン (メギ科 ヒイラギナンテン属)
柊南天 Berberis japonica


散策路の薄暗い場所で見られる常緑低木です。奇数羽状複葉の互生です。
中国、ヒマラヤ、台湾が原産で、富山でもよく庭や公園に植えられています。

たぶん鳥の糞に種子が混じっていたのでしょう。里山ではこんなことはよくあることなのです。
呉羽山の斜面でタラヨウをみつけたこともありますから。

葉の縁は「ヒイラギ(柊)」のようにギザギザで、ナンテン(南天)のような羽状複葉になっているので
ヒイラギナンテン(柊南天)になったと思われます。

花は4月。総状に黄色い花を咲かせますが、花弁もガクも黄色で区別がつきにくいです。
外側の9個がガクで、内側の先が割れている6個が花弁です。
おしべも6個で、3数性なんですね。被子植物でも、単子葉植物に分かれる直前の原始的被子植物群のひとつなんです。

6月ころには果実が、黒紫色で白い粉をふいたように稔ります。



2003年12月14日