ハリコウガイゼキショウ (イグサ科 イグサ属)
笄石菖 Juncus wallichianus

水生庭園のところどころで見られる、高さ20〜50cmの多年草です。
日本全土の湿地や水辺に分布しています。

コウガイとは笄のことで、日本髪にさす細長い飾りのことです。
平たい葉を笄に、全体の感じをサトイモ科のセキショウに例えたと言われています。
さらにこれは、全てにではありませんが、頭花に無性芽をだすことからコモチをつける場合もあります。
ハリコウガイゼキショウに統一するのが一般的なので、「コモチ」は取りました。

花は8月〜9月。4〜6個の小花が集まった頭花を集散状に多数つけます。
果は刮ハで、花被片の2倍よりは短いです。

葉は、茎とともに細い円筒状で、このあたりがコウガイゼキショウやアオコウガイゼキショウと違っています。



2004年10月16日  刮ハの様子。刮ハは長いものでも花被片の2倍よりは短いです。




2004年10月16日  無性芽が頭花からでている様子。(家に帰ってから撮影したものです)




2004年10月16日 茎と葉の様子。両方とも円筒状です。
これは、コウガイゼキショウやアオコウガイゼキショウにはみられない特徴です。