ハナタデ(タデ科タデ属)

ナチュラリスト駐車場西の土手に見られる、高さ30〜60cmの多年草です。葉は互生します。
日本全土の林内、林縁のやや湿ったところに分布しています。

花は8月〜10月。茎の上部に、紅色〜淡紅色の普通はややまばらな花を咲かせます。
しかし、変異も多く密に咲かせることもあってイヌタデとのみわけが難しい場合も多いのです。

葉は卵型〜長卵型で、先は急に細くなることがイヌタデとの違いです。
また、葉の中央部に黒味がかった斑紋があることが多いのですが、イヌタデにも見られることがあります。



2004年10月16日  全体の様子




2004年10月16日  花はまばらなものが多いです。



2004年10月16日  葉の様子。急に細くなります



2004年10月16日 托葉鞘の様子1



2004年10月16日 托葉鞘の様子