エゾタンポポ(キク科タンポポ属)


水生庭園奥などで見られる、高さ10〜30cmの多年草です。
中部地方から関東、東北、北海道の日当たりの良い山野や丘陵に分布します。

日本タンポポにはいくつか種類があって、このねいの里にあるのは迷いましたが、
エゾタンポポのようです。ただ、セイヨウタンポポとの雑種も増えているようです。


花は4〜5月。茎の先に黄色い頭花を一つ咲かせます。


カンサイタンポポ ヒロハタンポポ
(トウカイタンポポ)
エゾタンポポ カントウタンポポ
(エゾとヒロハの中間型)
セイタカタンポポ
(エゾとカンサイの中間型)
・小ぶりの頭花
・総苞外片は内片の半分以下
・外片上部に角状突起はないかあっても目立たない
・外片は長楕円状〜卵型の披針形

・総苞外片は内片の半分以上
・角状の突起が目立つ

・総苞外片は内片の半分程度
・角状の突起はないかまれにある
・総苞全体が丸い感じ

・総苞外片は内片の半分程度
・角状突起が付く

・総苞外片は内片の半分程度
・角状突起はつかないかあっても目立たない
・外片は長楕円状で披針形



2006年5月6日





2006年5月6日





2006年5月6日