エノキグサ(トウダイグサ科エノキグサ属)別名:アミガサソウ

水生庭園の処々(A56、A63付近など)で見られる、高さ30〜50cmの1年草です。
日本全土の畑や道端などに分布しています。

葉がエノキに似ているのでエノキグサとなりました。

花は8月〜10月。葉腋に、雄花序は上部に穂状に付き、雌花は編み笠状の総苞抱かれたように咲きます。
果は直径3〜4mmの刮ハで、種子が3個入っています。


2004年10月10日 果の様子



2004年10月10日 葉の様子