アキノノゲシ(キク科アキノノゲシ属)


水生庭園付近の日当たりの良い草地にみられる1〜2年草です。
日本全土に分布する背の高い植物ですので、皆さんもよく見ておられると思います。

この若い葉はまずまずのおいしさです。レタスやサラダ菜などもこれの仲間を栽培したものなのですから、うなづけますね。
背が高いので、秋のねいの里の小道で目立ちます。

花は8月から10月。淡く黄色い頭花が円錐状にたくさんつきます。
この色を見ていると何か弱々い感じがするのですが、決してそんなことはありません。
このねいの里の明るい草地などでしっかりとたくましく生きています。

花はすべて舌状花で果実がが平たく先がくちばし状になるのがこの仲間の特徴です。

2003年9月15日