本文へスキップ

ねいの里は、自然に親しみ、学び、守り育てる施設です。

電話でのお問い合わせはTEL.076-469-5252

〒939-2632 富山県富山市婦中町吉住1-1


(2019年度の行事案内へ
企画展「野生動物と生きる」〜イノシシとニホンザルの生態とその付き合い方〜を開催中。
  また、イノシシの被害防止のためのパンフレットも作成しましたのでご利用ください。あわせて、
クマによる人身被害防止のためのパンフレット
クマの出没の多い秋期用パンフレットもご利用ください。

鳥獣保護センターからのお願い詳細はこちら

 これからの行事 お知らせ 
2月11日(火・祝)午前と午後 野生動物の関連行事
■動物の体を調べ、ジビエ料理を楽しむ
今年で第10回目の恒例の行事となりました。当県でもニホンジカが生息しており、今年もニホンジカの話題を中心に、生態の説明や解剖を行います。その他、手羽先を使った骨格標本作り(定員あり)や樹液からシロップを作る方法を学びます。事前申込み頂いた方(定員あり)のみ、別にジビエ料理(定員あり)として、シカカツを準備いたします。


・2月11日(火・祝)9:00〜12:00
・定員:なし(小学生以上)
・場所:ねいの里展示館
    ただし、手羽先の骨格標本作り(定員:10名)
        ジビエ料理(定員:30名、1人200円)
(この行事は定員に達しましたので、申し込みを締め切りました。

■ツキノワグマの大量出没について考える
昨年は当県でもツキノワグマの大量出没があり、人身被害も多く発生し、社会問題となりました。そこで、ツキノワグマとどのように付き合えばいいのか、現状と課題について議論し、共存について考えます。
・2月11日(火・祝)13:30〜15:30
          (受付13:00〜)
・定員:50人(小学生以上)
・場所:ねいの里展示館研修室
 どんぐりの豊凶からクマの大量出没予測や出没状況、その対応方法、誘引物の除去などについて議論します。
詳しくはこちらのチラシをご覧ください。

申し込みは、1か月前から、電話またはメールでお願いします。(代表者氏名、住所、電話番号、 申込数、受取日を教えてください。)
皆様の申込みをお待ちしております。



 傷病鳥の
受入れについて
〜鳥獣保護センター
   からのお願い

鳥インフルエンザ対策のため 種類や症状によって対応が異なりますので、救護を依頼される方は事前に電話にてご連絡くださいますようお願いします。

076-469-5555


木製遊具で自然体験
 いろいろな生き物を観察できる展示館だけでなく、野外の手作り遊具も充実しています。木馬の広場では約60mの木製平均台が仲間入りしました。その他、ストラックライン(綱渡り)やハンモッグなどもあり、自然と触れ合いながら、ご家族で楽しめます。是非、ねいの里へお越しください。土日祝祭日はナチュラリストによる自然解説もあります。


 

富山県自然博物園ねいの里

〒939-2632
富山県富山市婦中町吉住1-1
TEL.076-469-5252
FAX.076-469-5865
Eメール.shizen
アットマークtoyamap.or.jp
(アットマクを@にして下さい)